初めてパーティドレスを購入したこと

レモンイエローの可愛らしいパーティドレスに身を包み、全身鏡の前に立った私は、そこに映っている自分の姿を見たとき、あまりパッとしない印象に、少しばかり物足りなさを感じました。それは、まだドレスを着ていただけで、アクセサリーを身につけたり、ヘアアレンジを何1つしていなかったからです。これは以前、友人の結婚式が挙げられるにあたって、その式に招待してもらったことから、そこに着ていくためのパーティドレスを購入しようとしていたときの出来事です。私はこれまで、知人の結婚式に出席したことがあらず、このような祝いの場に着られるパーティドレスを1着も持っていませんでした。

そこで私は、初めてそれを購入しようと、ショップに足を運んでいました。ショップの店員さんには、友人の結婚式に着ていくパーティドレスを探していること、そして私がそれに対して初めての経験のため、全くの知識がないことを伝え、一緒に選んでいただくことにしました。それは、結婚式という正式な場で、間違えたファッションコーディネートや身の振る舞いをして、恥をかきたくなかったからです。店員さんなら、きちんとしたパーティドレスの着こなしをはじめ、その選び方やモラルも身につけておられると考えました。そうしてアドバイスをいただきながらのパーティドレス選びが始まりました。

そして、いくつかのお勧めのパーティドレスを試着させていただいていると、そこで1つの疑問が浮かび上がりました。それは、どんなパーティドレスを着ていても、美しさであったり、華やかさというものを感じ取ることができなかったからです。このとき私は、店員さんに自分のスタイルが悪いのかと聞いてみたところ、それはまだアクセサリーやヘアスタイルを調えていないからだと言われました。つまりパーティドレスとは、単にドレスそのものが美しくても意味がなく、それに合ったアクセサリーをはじめ、ヘアアレンジであったり、バッグ、シューズを合わせて、初めてそこでパーティドレスが活きてくるものだと教えていただくことができたのです。これを聞いた私は、初めて知ったパーティドレスの知識について納得し、パーティドレスと一緒にアクセサリーやバッグなども購入することにしました。私が友人の結婚式で、初めてにしてパーティドレスを着こなすことができたのは、このようにして店員さんから教えていただくことができたからで、大いに感謝をしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です